2011/01/19

やっと行けました!!



こんばんわ!高木貴雄です。

いや〜久々に森美術館行けました!!


今回は

小谷元彦展  「幽体の知覚」

もうこのタイトルを聞くだけで僕は行きたくて仕方なかったです!

ハイ!これです!!

見えますかね?


そもそも小谷さんとは、東京藝術大学で彫刻を学んだ後、

多様な手法と素材を用いて、従来の彫刻の常識を覆す作品を

発表してきました!

痛みや恐怖などの身体感覚や精神状態をテーマに、

見る者の潜在意識を刺激するような作品を制作。


毛髪を編んだドレスや拘束具をつけた動物、異形の少女、

一つの解釈に帰着しえない多層的なイメージは、様々な

境界線上で妖しい魅力を放つ。





今回の展示は僕は本当に良かったです。

人間の脳内を徘徊する物。

生、死、恐怖、渉、自覚、得無

これは僕がこの小谷展で自分が感じた漢字です。



多分皆さんも行けばこの漢字の意味が分かって頂けるかと…


是非!!