2010/09/09

夏休みレポ 朝菜編

みなさまおひさしぶりです!!
朝菜です!げんきです!

さっそく夏休みについて書いていこうと思います。

わたしは今回の夏休みは。。。。。


ラオス7日間の旅に行ってきましたー!!!
去年のタイに引き続き、またアジアです。

メンバーは、、、
左:veloのタンクトップてんちょう(悠馬さん)
中:veticaの小学生(わたし)
右:veticaのヒゲおじさん(ヤスさん)
の3人です。異質ww

気づいたら写真を計400枚も撮ってまして。。。
そのなかで何枚かだけupします。

まずラオス入国初日にクラブに行きました!
夜遊び〜♪
ラオビールで酔っ払ったのは言うまでもありません

こちら「タートル・アン」
とても立派でした!店長と立派なポーズで写真!

近くにいた可愛ーーーーい!男の子。
ずっと砂糖を食べてた!


そして首都ビエンチャンから、古都ルアンパバーンへ。
ラオスの空は広いのです〜♪
天気予報では7日間とも洪水確率95%だったのに、
7日間とも晴れました☆ かみさまありがとう。


そしてこれが「托鉢」です。

オレンジ色の服を来ているのが僧侶です。
とても宗教心の強いラオスではお坊さんがとても地位が高く、
毎朝こうやって信者の元を巡り生活食糧を乞い、
信者に功徳を積ませる修行のことです。

わたしたち3人は僧侶たちの後を永遠とついていき、
最終的にこのごはんを寺院で食べるところまでみました。笑

そして市場へ!
 
生きた魚やカブトムシ、カエルなのも売っていて
正直きもちわるいけどかなり面白かったです!!!!



そこから4時間かけてメコン川をボートでのぼり、
田舎町のノーンキャウへ。。。。

、、、、、と!ここまでです!笑
後編はヤスさんがかいてくれるそうなので、みなさまおたのしみに。。。

本当はもっと載せたい写真も書きたいも沢山あるのですが、
全部書くと長ーーーくなってしまうので。

::::::::::::::

ラオスはまだ観光地されていない分、
古い時代のものがそのまま残されていて 自然もとても美しいということ、
そして人が良いというのが特徴です。

まだまだ発展途中な国だけど 人々はいつも穏やかな心をもっていて、
日本のように遊び道具もゲームもないのに
ただ走っているだけで笑顔だったり、
のんびり気ままに人を待っていたり、
優しく抱き合ったり、、、

わたしはこの旅ですごくたくさんのことを感じる事が出来たし
たくさんのことを考えました。

自分はこんなに恵まれた環境の中にいるのに、
わがままを言ったり
すぐに怒ったり 泣いたり
贅沢をしたり 甘えていることが情けないと思いました。

わたしもラオスの人々のように、
いつでも笑顔を忘れず
欲張りすぎず
おだやかな心をもって生きてゆこうと思いました **

ラオスは これからも変わらないでいてほしい
あれ以上発展しないでほしいです。
でもこれは自分の国が恵まれているから言えることで
すごく勝手なわがままなんだと思うと
なんだかむずかしいです。。。。

でもとにかく良い経験ができました。




長くなりましたが、読んで下さってありがとうございました!
次回番外編など書きます〜♪